松阪の木・あかね材機構 | M.A.C

Matusakanoki・Akanezai・Community

Matusakanoki・Akanezai・Community

松阪の木・あかね材機構
 
 
 
      
 

 私達『松阪の木・あかね材機構』(以下M・A・C)は、協定木材である松阪の木、或いはあかね材を安定供給することを目的とした22の希望登録者により構成する共同体です。
 『松阪の木』とは、松阪市内の三重の木認証制材工場が生産する、松阪産材の木材製品の事を言います。また、『あかね材』とは松阪市内のあかね材認証工場が生産する、あかね材の木製品のうち、松阪産伐材の物を言います。

・・・・あかね材とは・・・・
スギノアカネトラカミキリ虫等の昆虫が、杉や桧に卵を産み成虫になるまでの間、木の中で過ごした痕が、製材した際に食痕となって残る製材品のうち、一定の基準をクリアしたものです。 
  詳しくはこちらを御覧ください

 
 みなと森と水ネットワーク

 松阪市

 林野庁

 松阪地区木材協同組合

 あかね材

 木材コンビナートウッドピア松阪

 顔の見える松阪の家づくり推進協議会 











 
〒515-0088
三重県松阪市木の郷町18番地
TEL/FAX  0598-26-2212
e-mail  mac@mokkyo.sakura.ne.jp

 市長挨拶  松阪市では、世界ブランド「松阪牛」の本場ならではの「松阪肉」の味を楽しんで頂けます。またこの他にも、豪商の町松阪を代表する「松阪木綿」など、地域を代表する産業があり「林業、木材産業」もその一つで、切磋琢磨された技術とともに、確かな製品として継承されています。
 この素材豊かな町「松阪」から全国に『松阪の木・あかね材』をご提供致します。




松阪市と港区の取り組み 【みなとモデル】  平成25年11月1日
東京都港区と松阪市は、港区で新築・改築される建物に『松阪の木』や『あかね材』を活用してもらうための協定を締結いたしました。この協定で『松阪の木』や『あかね材』が港区で使われる機会が生まれました。
   
港区の取り組み【みなと森と水ネットワーク】についてはこちらを御覧ください


松阪の木・あかね材機構